資本増強の為資本性劣後ローンの導入が決定致しました。

Plow株式会社は新型コロナウィルスの感染拡大の影響を受けた2020年、抜本的構造改革を行いました。
社内では各種最新のIT設備、システムの導入とあらゆる業務のクラウド化。
社外ではIT導入支援事業者としてクラウドツールの開発と数々の新事業のローンチ。
こうした中で成長をより一層拡大し、弊社ミッションである”埋もれた価値を再生し、豊かな国日本を未来のこどもたちへ”を実現
する為に企業運営をより盤石にする為に、社会変化に対応する強固な財務体質を構築する為
資本性劣後ローンの導入を検討しておりましたが、この度日本政策金融公庫本店より
弊社Plow株式会社に資本性劣後ローンの導入が決定致しました。
Plow株式会社が未来に成し遂げたいミッション、経営、日々の活動、地方創生支援等に対する日本政策金融公庫の深い理解によって
実現したものであります。
本件導入に関し後押しとご尽力を頂いたご担当者含め各種ステークホルダーの皆様に心より御礼を申し上げます。
2021年で設立5年目となるベンチャー企業である弊社に本件が承諾されることは極めてまれなケースであります。
2030年に上場を目指す弊社にとって事業の安定性はもちろん本件の資本性劣後ローンは大きな飛躍の力となります。

“埋もれた価値を再生し、豊かな国日本を未来のこどもたちへ”を実現する為
今後様々な企業とのアライランス、上場企業との提携を進めながら、企業としてより一層のレバレッジを働かせるように尽力して参ります。

TOP